ホーム環境活動従業員の取り組み > カーボンオフセット


環境活動 従業員の取り組み カーボンオフセット

ソニー銀行は2008年度より、使用したすべての電力(業務委託分除く)について「グリーン電力証書」の発行を受け、2013年度からは「J-クレジット制度」を活用し、CO2などの温室効果ガスの削減に活用してきました。2018年度からは、「グリーン(熱)証書システム(*)」に切り替え、使用したすべての電力にかかるCO2を100%オフセットしています。

(*)グリーン(熱)証書システム
グリーンエネルギーにより生みだされた熱の環境付加価値を、証書発行事業者が第三者機関(グリーンエネルギー認証センター)の認証を得て発行し、「グリーン熱証書」という形で取引する国が認証する制度です。
ソニー銀行が証書を購入することにより、新たなグリーン電力・熱発電所の増加やグリーンエネルギーの普及拡大に貢献することになります。

カーボンオフセット銀行

ソニー銀行は、店舗を持たないなどコストを抑えた経営で、金利や手数料などの経済的なメリットはもちろん、環境への取り組み姿勢においても、お客さまよりご支持いただける銀行を目指します。

カーボンオフセットとは

日常生活や経済活動において排出されるCO2等の温室効果ガスについて、

  1. [1]できるだけ排出量が減るよう削減努力を行う
  2. [2]どうしても排出される温室効果ガスについてその排出量を見積る
  3. [3]排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資する

などにより、排出される温室効果ガスを埋め合わせる(オフセットする)という考え方です。
カーボンオフセットの取り組みが広まることで、「低炭素社会の形成」に協力ができると考えられます。