RECRUITING SITE 2019

ソニー銀行 5の事実 ネットバンクも、ソニー銀行も、よくわかる入門編。

まずは、ソニー銀行のビジネスモデルいま、成長著しいネットバンクを知ろう

ネット取引の利便性 店舗コストを抑えて高効率・高付加価値

いつでも、どこでもお客さまの都合のいいときに、PCやスマートフォンからほとんどのサービスを利用可能にしたのがネットバンクです。24時間365日、平日でも休日でも、早朝でも深夜でも関係なくアクセスでき、店頭窓口や窓口併設のATMに行く必要もありません。
最大の特徴は、店舗運営コストや人件費を抑制できること。コストを抑え、お得な金利や手数料の割引など効率化・付加価値向上に注力しています。ネットバンクは一般の銀行がなし得なかったサービスを実現し、右肩上がりの成長を続けています。

ネットバンク(※)の合計預金残高推移

(兆円)20 15 10 5 0 2010.3 2011.3 2012.3 2013.3 2014.3 2015.3 2016.3 2017.3 2018.3

※ 各社公表資料に基づき当社作成

ネットバンクの中でも独自の存在ソニー銀行、5の事実を知ろう

FACT. 01創業以来の 自由な発想で勝負

2001年に創業したソニー銀行、目指すのはユニークな発想を起点にしたお金との付き合い方の概念の変革です。「お金の道具箱」のコンセプトから始まったインターネットバンキング「MONEYKit」、店舗に出向かなくてもインターネットで借り入れまで完結する住宅ローン、マーケットに近い為替コストを実現した外貨預金取り引き、そして通貨を超えて人々をつなぐ新たなデビットカード「Sony Bank WALLET」。画期的な商品の根底にあるのが、創業以来培ってきた自由な発想です。銀行の常識にとらわれない発想で、驚きや感動あるサービスを生み出しています。

Column

独自発想で生まれた、通貨を超えるカード

独自の発想で通貨を超えていく。その想いでソニー銀行が生み出したのは、通貨を超えて人々と世界をつなぐデビットカード。日本でも、海外でも、通貨にとらわれないライフスタイルを可能にしました。

FACT. 02 徹底したお客さま志向

ソニー銀行の提供するさまざまなサービスは、お客さまが利用する時のことを徹底的に考え抜かれて作られています。ただでさえ、銀行のサービスはわかりにくくて使いにくいと感じるかたが多いもの。便利で、わかりやすくて、使いやすい。困ったときも、カスタマーサポートがしっかり助けてくれる。そんなお客さま志向のサービスは、外部機関の顧客満足度調査でも高い評価をいただいています。

FACT. 03 「個人のための資産運用」に特化 円預金 外貨預金 投資商品 ローン

ソニー銀行はネットバンクの中でも、「個人のための資産運用」に特化した銀行です。「お金の道具箱」をコンセプトに、個人を対象としたお金と自由に付き合う資産運用のためのプラットフォーム「MONEYKit」リリースを皮切りに、様々な個人のためのサービスを生み出してきました。円預金も、外貨預金も、投資信託も、住宅ローンも、カードローンも、オールインワンのサービスを提供しています。

FACT. 04 時代を先駆ける 多様なサービスラインナップ 2013 外貨預金の積立購入 500円から自由自在に外貨積み立て 2016 Sony Bank WALLET 世界で使える11通貨対応デビットカード 2017 Sony Bank GATE 銀行業界初の投資型クラウドファンディング

世界200以上の国と地域でショッピングや海外ATM引き出しが可能なデビットカード「Sony Bank WALLET」、500円から始められる外貨預金の積立購入、挑戦する企業を応援し資産運用につなげる投資型クラウドファンディング「Sony Bank GATE」など、人々のライフスタイル変化を見据えた多様なサービスラインナップを次々に展開しています。

Column

銀行業界初の投資型クラウドファンディング

挑戦する企業への応援・共感が、資産運用に。ソニー銀行は2017年、新しい事業にチャレンジする挑戦企業の成長を「資産運用」×「共感・応援」から支援する新たな金融サービスを生み出しました。

Sony Bank GATE 投資型クラウドファンディング
FACT. 05 若手が活躍、自由豁達な環境 これからのソニー銀行をつくっていくのは、あなた。

年次やポジションに関係なく、新たなアイデアを歓迎し、若手でも責任ある仕事を任される、若手が活躍する自由豁達な環境がソニー銀行にはあります。そこで働く私たちが掲げるコンセプトが「変える、を、たのしむ、銀行」です。インターネット×金融から、人々をもっと自由に、もっと幸せにする社会へ。変化をたのしみ、ともに未来をつくっていけるかたをお待ちしています。

top