企業情報

サステナビリティ

ソニー銀行は、ソニーフィナンシャルグループの一員として、長期視点の経営を推進し、銀行事業を通じて社会価値と経済価値を創出することにより、企業価値の向上と持続可能な社会への貢献を目指します。また、人材育成、多様性の尊重やガバナンスの強化など価値創出のための基盤強化にも取り組んでまいります。

ソニーフィナンシャルグループの
サステナビリティの考え方

(ソニーフィナンシャルグループのページへリンクします)

環境

ソニー銀行は、店舗を持たないなどコストを抑えた経営で、金利や手数料などの経済的なメリットはもちろん、環境への取り組み姿勢においても、広くご支持いただける銀行を目指します。

お客さまの口座開設がインドネシア・スマトラ島の森林保全につながる取り組みや、住宅ローンの電子契約など手続きのペーパーレス化、使用した電力にかかるCO2を100%オフセットする取り組みを通じて、環境保全や環境負荷軽減につながる活動を推進しています。

社会

ソニー銀行は、銀行として高い公共性を認識し、価値ある商品・サービスの提供やソニーフィナンシャルグループのビジョン・バリューに基づいた企業活動を通じて、心豊かに暮らせる社会への貢献を目指します。

共感と投資をつなげる投資型クラウドファンディング Sony Bank GATE や寄付付きの円定期預金、住宅ローンの同性パートナーのかたへの対応といった商品・サービスを通じた取り組みをはじめ、次世代を担う子どもたちの育成支援、アクセシビリティの改善、ダイバーシティを尊重したチーム作り、社員による地域貢献に取り組んでいます。

ガバナンス

ソニー銀行は、銀行に求められる「安心」「安全」を損なうことのないよう、業務の健全性および適切性を確保し、企業価値を向上していくため、コーポレートガバナンス、内部統制の強化・充実を図っています。

法令等遵守の体制(コンプライアンス)、リスク管理を経営の最重要課題のひとつとして位置付け、各種取り組みを行っているほか、情報セキュリティレベルの維持・向上に努めています。

SDGsへの取り組みについて

ソニー銀行は「個人のための資産運用銀行」として、2001年の開業以来「フェアである」を掲げた企業理念に則り、金融サービスを提供しています。インターネット銀行の特性を活かした安心・安全で利便性の高いサービス、質の高い豊富な商品ラインアップ、顧客満足度の高い業務運営を通じて、SDGs(持続可能な開発目標、Sustainable Development Goals)の達成への貢献も目指しています。

ソニーフィナンシャルグループ ビジョン・バリュー

ソニー銀行は、金融持株会社であるソニーフィナンシャルグループ株式会社などから構成される総合金融サービスグループ「ソニーフィナンシャルグループ」の一員です。ソニーフィナンシャルグループが掲げるビジョン・バリューは、ソニー銀行を含む金融グループのすべての活動の原点・指針となるものです。サステナビリティを含む企業活動は、ソニーフィナンシャルグループのビジョン・バリューに基づき取り組んでまいります。