企業情報

子ども応援プログラム

ソニー銀行は2022年2月より、子どもの可能性・チャレンジへの支援として、15歳未満のお子さまの口座開設で1口座につき100円を「特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール」に寄付します。

子ども応援プログラムのしくみ

お客さま

ソニー銀行に口座開設

ソニー銀行

15歳未満の口座開設1件につき100円を寄付(ソニー銀行負担)

NPO法人「放課後NPOアフタースクール」

子どもの可能性・チャレンジへの支援に活用

特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクールとは

子どもたちの生きる力を養うためのプログラムを提供する事業を行い、子どもの健全な育成を図り、広く公益に貢献することを目的として2009年に設立されたNPO団体です。
安全で豊かな放課後を日本全国で実現するために学校施設を活用し地域とともに子どもを応援する放課後の居場所「アフタースクール」を運営・展開しています。
さらに、多種多様な企業と連携した教育プログラムを全国各地で実施しています。

代表平岩国泰さまからのメッセージ

アフタースクール設立経緯・思い

放課後NPOアフタースクールは、私自身に子どもが生まれたことを機に、日本の放課後が抱える課題と可能性に着目したことで始まりました。
2005年に活動を開始し、2009年に法人化、これまでに21の「アフタースクール」を開校・のべ100万人以上の子どもたちに活動を届けてまいりました。

現代の子どもたちは放課後の「3つの間(時間・空間・仲間)」を失ったと言われており、なんだか忙しく過ごし、しかも自分でなにをするかを決められる選択肢がとても少ないです。また何をするにもお金がかかる状況は、家庭の経済格差が体験格差になります。
こうしたこともあり、日本の子どもの幸福度は世界的に見て高くない状況が続いています。日本は経済成長と引き換えに、子どもの自由や幸せを置いてきてしまったようにも思えます。

本来、放課後はそれぞれが自分らしく過ごし、社会とつながれる可能性にあふれた時間です。私たちは、日本全国の放課後が、どの子にとっても安心安全で、自分の好きなことに没頭する豊かな時間になったら、子どもたちのチャレンジ意欲や自己肯定感も育める”ゴールデンタイム”になる!と信じています。

放課後の学校を活用し、地域も企業も巻き込みながら、新しい挑戦や世界に出会える『アフタースクール』モデルが全国に広がることを目指して私たちは活動しています。

ソニー銀行のお客さまへ

このたびは放課後NPOアフタースクールの取り組みにご賛同いただき、心より感謝申し上げます。放課後の課題は年々深刻化する一方で、まだまだ多くのかたに認知されていません。社会全体で子どもたちを育て、応援していく世の中になるために、このようなご支援は私たちにとって本当に励みになります。より多くのかたに子どもたちを応援いただけるよう、頑張ってまいります!

寄付の使いみち(例)

多様なプログラムにかかる材料費や開発費、十分に遊具が行き届かないスポーツ用品や室内遊びのおもちゃ購入、アフタースクールモデルの社会インフラに向けた活動全般費などに活用いただきます。