社員インタビュー

基礎を身に着けたからこそ
あらたな価値づくりに
挑んでいける私がいる。

T.S.
営業部門
2016年入社(商学部卒)

学生時代と入社してから

親族に金融に詳しい人がおらず、金融商品を選ぶという感覚が希薄であったことに危機感を感じていた私は、大学で金融を専攻。また、ファイナンシャルプランニングをはじめ、金融や資産運用に関する勉強を始めました。そのときに知ったのがインターネット銀行。いつでもどこでもサービスにアクセスできるこの業態には、私たちの銀行に対する関わり方を超えて、ライフスタイルさえも変えていく可能性があると感じました。その中でも個人向けサービスに注力し、私の問題意識とぴったりなのがソニー銀行だと思い、入社を決めました。住宅ローンのお客さま応対、不動産業者向けの営業、ダイレクトマーケティング企画とさまざまな領域を担当してきました。

2016年の入社式では、ソニーグループ各社へ新卒で入社する他の同期とともに登壇。当時のソニー株式会社の社長へインタビューを行いました。

Q.現在の仕事内容は?

自社の枠組みを超え、他事業者とタッグを組んだビジネス拡大を目指す業務に関わっています。サービスの利便性向上やユーザー獲得に向けた協業を実現し、双方のビジネス発展を描いていきます。現在、私が主に担当するのは、大手航空会社との提携事業。すでに提携による商品はリリースしていますが、今後、より利用の裾野を広げたり、別の角度からあらたなサービスを考え、これまでになかった価値を創出していくのが私のミッションです。

Q.仕事の面白さは?

私たちがタイアップから仕掛けていく動きが世の中へのインパクトにつながっていくことです。さまざまな協業から、市場にあらたな波を起こしていける可能性を感じています。大手航空会社との提携事業など、驚きを持って迎えられるサービスづくりの中枢に関わり、そのダイナミックな動きを共同で主導していけるのはタイアップビジネスならではだと言えます。

Q.ソニー銀行で働いてきた今までを振り返って?

入社してまず学んだのは、銀行ビジネスのしくみと取り扱う商品の特性についてでした。担当するお客さまにどう満足してもらうかに向き合った1年目を経て、以降は銀行業務の知識を深めるとともに法人営業やマーケティングなどを経験し、視野を広げていきました。現在はパートナーとの価値づくりや世の中へのインパクトを意識しながら協業推進に取り組むなど、これまでにはなかった視点でビジネスを思考できるようになったと思います。自らの取り組みを通して世の中を変えていける面白さを十二分に実感しています。

Q.これからソニー銀行でやっていきたいことは?

FinTechという言葉が広く聞かれるようになってから、もう数年が経過しています。これからインターネット銀行は既存のサービス水準をさらに上げるだけではなく、あらなた発想をもって誰のために、何ができるのかを捉え直す必要があると感じています。全く同じサービスを一律で提供すればそれで満足していただける時代はすでに過ぎ去っています。今までと異なる価値観を持ち、新しい生き方をしている人たちもたくさん生まれつつあり、そのとき求められる金融サービスが何かを推測し、生み出していきたいと思っています。そのときにカギとなるのが、これまでの経験を生かしたさまざまな角度からものごとを見据える力です。今後、多くの経験を積みながら、あらたな時代を見据え、今までにないサービス、商品づくりを実現していきたいと思います。

掲載内容は取材当時のものです。

Entryソニー銀行 新卒採用

マイナビ2024

マイナビ2024のページへリンクします。